vtuberデビューしてみませんか?

HTC VIVEを紹介【買って良かった点と気を付けるポイントを解説】

HTC VIVEVTuber機材

日本国内でも有名なヘッドマウントディスプレイ(HMD)のHTC VIVE

今回はHTC VIVEとその魅力についてご紹介します。

HTC VIVEとは?

2016年4月5日に発売された、HTCとValve Corporationにより共同開発されたバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ (VR HMD)。

ValveはアメリカのPCゲームを制作しており、世界的にも有名なsteamを運営しています。

steamにて「SteamVR」という独自のVR向けのプラットフォームを展開しており、steamユーザーは様々なVRゲームを遊ぶことができます。

SteamVRの紹介ページはこちら

HTC VIVEとは?

 

SteamVR紹介動画

Virtual Reality – SteamVR featuring the HTC Vive

VTuber向けのヘッドマウントディスプレイ(HMD)はこちらで紹介しています。

HTC VIVEを紹介

ヘッドセットの基本的なスペックや性能・付属されているコントローラーの紹介や購入して使用した時の良かった点(メリット)や、これからHTC Viveを購入する方に向けて気を付けるポイントを紹介します。

HTC Viveはルームスケール機能でVRの世界を体験できるようになっています。

HTC VIVEの公式紹介ページはこちら

ハードウェア(セット内容)

  • ヘッドセット
  • コントローラ
  • ベースステーション

ヘッドセット

ヘッドセット

ヘッドセット仕様

スクリーンデュアル AMOLED 3.6インチ Diagonal
解像度片目あたり 1080 x 1200 ピクセル (合計 2160 x 1200 ピクセル)
リフレッシュレート90 Hz
視野角110度
安全性能シャペロンシステムによるプレイエリア限界アラートおよびフロントカメラ
センサーSteamVRトラッキング、Gセンサー、ジャイロスコープ、近接センサー
接続HDMI、USB 2.0、3.5 mm ステレオヘッドフォン端子、電源、Bluetooth
入力内臓マイク
接眼部瞳孔間距離およびレンズ距離の調節機能

コントローラー

左右の手にコントローラーを持って操作をするのが基本となります。

表面に丸いパッドが、背面にはトリガーが付いているのが特徴です。

コントローラー

 

コントローラ仕様

センサーSteamVR トラッキング
入力多機能トラックパッド、グリップボタン、2段トリガー、システムボタン、メニューボタン
バッテリ持続時間約6時間
接続マイクロUSB充電端子

ルームスケール

ルームスケールとは?

室内に2つのセンサー(ベースステーション)を対角線上に設置して、室内をVR空間にすることができるVive独自の機能です。

HTC Viveは椅子に座ったまま楽な姿勢でVRゲームを遊ぶこともできますが、ルームスケール機能で臨場感のあるVR体験ができるのが最大の特徴です。

ルームスケール

トラッキングエリア要件

起立時 /着座時最小スペース制限無し
ルームスケール最小ルームサイズ:2m x 1.5m、最大ルームサイズ:3.5m x 3.5m

HTC Viveのセットアップ

HTC Viveを初めて購入する方は、ソフトウェアのセットアップを行います。

HTC Viveのソフトウェアセットアップは、HTC Vive公式ホームページからセットアップをダウンロードして行います。

steamVRの初期設定(セットアップ)は下記URLで詳しく説明されています。

1. SteamVR の初期設定
SteamVR に必要なハードウェアとソフトウェアの設定

購入する前の注意点と確認

HTC Viveを購入する前に確認しておきたいのが使用しているPCのスペックです。

動作する基準を満たしているかどうか必ず確認しましょう。

必要動作環境

GPUNVIDIA® GeForce® GTX 970、AMD Radeon™ R9 290 の同等品またはそれ以上
CPUIntel® Core™ i5-4590/AMD FX™ 8350 の同等品以上
メモリー4 GB 以上
ビデオ出力HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USB ポート1x USB 2.0 以上
オペレーティングシステムWindows® 7 SP1、Windows® 8.1 以降、Windows® 10

ベンチマークで計測する

ValveはVR対応の3Dベンチマークソフト「SteamVR Performance Test」をsteamにて無償で公開しています。

お使いのPCがHTC Viveに対応しているかどうか計測してみましょう。

SteamVR Performance Testはこちらから確認できます。

HTC Viveを買ってよかった点(メリット)・悪かった点(デメリット)について

私がHTC Viveを買ってよかったと思う点、メリットについて紹介します。

良かった点は主に3つあります。

  1. 日本語対応で分かりやすかった
  2. Viveトラッカーで拡張性・表現の幅が広がった
  3. 眼鏡をかけた状態でも使える

日本語対応で分かりやすかった

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の公式サポートが日本語対応でとても分かりやすかった。

日本語対応なんて当然と思われる方も居ると思いますが、海外で発売されているヘッドマウントディスプレイは対応していない事があります。

更に日本国内でもHTC Viveを使用されている方は多いので、何か困ったことがあっても公式やsteamのコミュニティ・Twitter等ですぐに欲しい情報が見つかるのが本当に助かりました。

VIVE™ | Support
Support Page

Viveトラッカーで拡張性・表現の幅が広がった

Viveトラッカー

HTC Viveを紹介するうえで欠かせないのがViveトラッカーです。

Viveトラッカーとは?

VIVEトラッカーとは追加のコントローラー(モーショントラッキング)のことで足や腰に付けることにより、全身のトラッキングが可能となります。

基本的に左右の足と腰に合わせて3つ付ける事になります。

更に追加でVIVEトラッカーを増やすことにより、腕や足の関節の動きが再現可能な高精度なトラッキングができます。

Viveトラッカー

眼鏡をかけた状態でも使える

眼鏡をかけた状態でも使える

最後に良かった点として、眼鏡をかけた状態でも使えた事です。

どうしても眼鏡がないと視界がぼやけてしまう方も居ると思いますが、大き目なフレームの眼鏡をかけてヘッドセットを着用してみましたが問題無く使用できました。

HTC Viveのデメリットについて

HTC Viveのデメリットについて

一番ネックになったのが場所の確保でした。

HTC Viveの特徴である「ルームスケール」を最大限楽しむ為にはある程度の場所の確保が必要になります。

最低でも「2メートル×1.5メートル」のスペースが確保できるかも購入する前に確認した方が良いです。

HTC Viveの購入はAmazonがおすすめ

HTC Viveの購入はAnazonがおすすめです。

合わせて購入したいもの

VIVE Tracker

HTC VIVE デラックスオーディオストラップ

【国内正規品】 HTC VIVE デラックスオーディオストラップ
HTC
¥12,731(2019/09/24 04:29時点)
VIVEデラックスオーディオストラップは内部に専用のパッドと、360のリアルなサウンドを実現する調整可能なイヤホンにより、より心地よい装着感と没入感を提供します。

トラッカーベルト+ 2リストバンドストラップ+ 2パームストラップフルボディトラッキングVRバンドル用HTC Viveトラッカーモーションキャプチャ

トラッカーベルト+ 2リストバンドストラップ+ 2パームストラップフルボディトラッキングVRバンドル用HTC Viveトラッカーモーションキャプチャ
All-VR
¥5,980(2019/09/26 05:49時点)
VRChat、ハイファイ、ファイナルフットボールなどのさまざまなVRゲームやアプリケーションで全身追跡用に5本の追跡ストラップを設定します。
タイトルとURLをコピーしました