vtuberデビューしてみませんか?

VTuber向けのヘッドマウントディスプレイ(HMD)はどれが良い?

VTuber向けのヘッドマウントディスプレイ(HMD)はどれが良い?VTuber機材

3Dモデルのアバター(キャラクター)を自由に動かす為にはVR機器が必要となります。

これからVTuberとして新しくVR機材を買う方に向けての紹介・解説記事となります。

 

この記事で紹介するVR機器は以下の呼び方をしますが、同じ機材です。

  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  • VRヘッドセット
  • VRゴーグル

 

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)にはどんな種類があるのか、数あるHMDの中から現在使用率が多く人気のある機材をピックアップして紹介します。

ヘッドマウントディスプレイとは?

ヘッドマウントディスプレイとは?

ヘッドマウントディスプレイ(英語: Head Mounted Display、略称: HMD、頭部装着ディスプレイ)は、頭部に装着するディスプレイ装置のことである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今回紹介するのはVR・3D用ヘッドマウントディスプレイです。

ネット上ではHMDと略して呼ぶ方も多く、この記事でも略称を使っております。

 

VR・3D用のHMDを装着する事で立体的な映像を楽しむことできのですが、その仕組みは脳が起こす錯覚による現象です。

3D用ヘッドマウントディスプレイは左右で別々の映像を人の目に映し出します。

その映像を人の脳内で合成することにより物を立体的に見ることが可能となるのです。

 

日本国内でもVR向けのゲームが開発・販売されており、家庭用ゲームPS4で使用する「PlayStation VR」も登場して話題を呼びました。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)にはどんな種類があるのか

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は大きく分けて4つの種類に分かれます。

  1. PCに接続して使うPC用ヘッドマウントディスプレイ
  2. PC不要の本体だけで遊べるヘッドマウントディスプレイ
  3. PS4で使用するPlayStation VR
  4. スマホ本体を使用するスマホ用ヘッドマウントディスプレイ

今回紹介するのはPCに接続して使用するヘッドマウントディスプレイです。

VRゲームを遊びつつVTuberとして活動するための機能を備えた機材に絞ります。

PC用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

PC用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

上の図はsteamで2018年から2019年にかけて使用されているVRヘッドセットのグラフです。

大きく分けて2つのVRヘッドセットが多く使われているのがわかります。

  • HTC VIVE
  • OCULUS RIFT

VRヘッドセットは他にも種類がありますが、今回は使用率の多い上記2つのヘッドセットに注目して解説していこうと思います。

HTC VIVE

HTC VIVE

HTC VIVEとは?

バーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ (VR HMD)。

基本セット

  • ヘッドセット
  • コントローラー
  • ベースステーション

特徴1・ルームスケール

部屋に2つのベースステーション(カメラ)を設置してルームスケールすることで高精度な360度のトラッキングが可能になります。

ルームスケールでVRの空間を自由に歩いたりできるので初めて使うときは感動するほど自由度が高い機能だと言えます。

ルームスケール

特徴2・VIVEトラッカー

VIVEトラッカー

HTC VIVEの最大の特徴は、VIVEトラッカーが使えることです。

VIVEトラッカーとは何か?

VIVEトラッカーとは追加のコントローラー(モーショントラッキング)のことで足や腰に付けることにより、全身のトラッキングが可能となります。

基本的に左右の足と腰に合わせて3つ付ける事になります。

更に追加でVIVEトラッカーを増やすことにより、腕や足の関節の動きが再現可能な高精度なトラッキングができます。

VIVEトラッカー

動画紹介

7個のトラッカーを使うことで自然な動きも再現可能です。

ローション床の上でVIVEトラッカー7個の力を発揮!

特徴3・高性能なVive Pro

Vive Pro

Vive Proとは?

HTC VIVEの上位機で、プロ仕様のトラッキングが可能。

解像度やオーディオが強化されています。

HTC VIVEとVive Proの比較

Vive ProHTC Vive
ディスプレイ対角3.5インチ対角3.6インチ
解像度片目あたり1440×1600ピクセル

(合計2880×1600ピクセル)

片目あたり1080×1200

(合計2160×1200ピクセル)

リフレッシュレート90Hz90Hz
視野角110度110度

 

HTC VIVE・詳細情報

必要動作環境

GPUNVIDIA® GeForce® GTX 970、AMD Radeon™ R9 290 の同等品またはそれ以上
CPUIntel® Core™ i5-4590/AMD FX™ 8350 の同等品以上
Memory4 GB 以上
ビデオ出力HDMI 1.4、DisplayPort 1.2 以降
USB ポート1x USB 2.0 以上
オペレーティングシステムWindows® 7 SP1、Windows® 8.1 以降、Windows® 10

vive公式サイトはこちら

【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション)
HTC
¥89,000(2019/09/23 06:31時点)
・最高峰のVR体験を実現するVIVEにはヘッドマウントディスプレイ、ベースステーション (センサー) 、コントローラーなどVRを始めるに当たって必要なものがパッケージされています。

HTC VIVEの詳しい紹介はこちら

Oculus Rift S・Oculus Quest

 

Oculus Rift

現在、OCULUS RIFTの販売が終了した為、今後は以下の2種が主流となります。

  • 「Oculus Rift S」
  • 「Oculus Quest」

OCULUS RIFTは生産終了していますが、Amazonでまだ正規輸入品を購入することは可能です。

【正規輸入品】Oculus Rift (オキュラスリフト)
Oculus
¥45,000(2019/09/23 06:31時点)
「インテリジェントなデザイン」軽量、適応性が高く、快適。VRの世界に入ると、ヘッドセットの存在を忘れ、未知の空間を体験できます。

 

Oculus Riftとは?

Oculus社が開発・発売しているバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ。

基本セット

  • Oculus Rift ヘッドセット
  • Touchコントローラー2機
  • ヘッドセットケーブル

特徴1・インサイドアウトトラッキング

OCULUS RIFTの後継機である「Oculus Rift S」と「Oculus Quest」にはインサイドアウトトラッキングセンサーがヘッドセットに付いています。

先ほど紹介したHTC VIVEのルームスケールに使うベースステーション・外部センサー不要で360度のトラッキングが可能となりました。

外部センサー不要になったことにより、場所を気にせず使えるようになったので嬉しい機能です。

特徴1・インサイドアウトトラッキング

特徴2・「Oculus Rift S」と「Oculus Quest」の違いについて

簡単に説明すると

  • 「Oculus Rift S」はPCに接続して使うヘッドマウントディスプレイ。
  • 「Oculus Quest」はPCを必要としないスタンドアローン型のヘッドマウントディスプレイ。

「Oculus Rift S」は従来通りPCに接続して使用するHMD

ケーブルは一本で、PCに接続するのはUSB3.0とDisplayPortだけです。

Oculus Rift S

「Oculus Quest」はPCを必要とせず、ヘッドセットとコントローラーのみで使用できるタンドアローン型となっています。

注意としてOculus QuestのセットアップにはiOS・Android用のOculusアプリを使用するので、スマホが必要になります。

Oculus Quest

Oculusでおすすめなのはどちらか?

結論から言うと「Oculus Rift S」になります。

VR機器を使用するVTuber活動をするならどうしてもPCが必要になります。

今回はVTuber向けのヘッドマウントディスプレイといううことで「Oculus Quest」はその趣旨から外れている為、除外となります。

単純にVR体験がしたい・VRのゲームがしたいなら「Oculus Quest」もおすすめです!

Oculus Rift S・詳細情報

必要動作環境・最小スペック

GPUNVIDIA GTX 1050Ti / AMD Radeon RX 470以上
CPUIntel i3-6100 / AMD Ryzen 3 1200、FX4350以上
Memory8GB以上のRAM
ビデオ出力DisplayPortTM 1.2 / miniDisplayPort (アダプター同梱)
USB ポートUSB 3.0ポート1つ
オペレーティングシステムWindows 10

Oculus公式サイトはこちら

【正規輸入品】Oculus Rift S (オキュラス リフト エス)
Oculus
¥49,800(2019/09/23 06:31時点)
最上級のVRゲームライブラリ 最上級のVRゲームをそろえたライブラリを縦横無尽にかけめぐりましょう。Oculus Rift Sでは、Oculusストアでリリースされている数百タイトルのゲームや限定コンテンツをプレイできます。新タイトルも順次追加されます。

【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 128GB
Oculus
¥62,800(2019/09/23 06:31時点)
オールインワンVR PCも不要。ケーブルも楽しさは無限大。Oculus QuestはVR用のオールインワン型ゲームシステムです。VRヘッドセットとコントローラーだけで、場所を選ばずゲームを楽しめます。

VTuber向けのHMDはどれがおすすめなのか

VTuber向けのHMDはどれがおすすめなのか

現在販売されているヘッドマウントディスプレイ(HMD)で値段や機能を考えると

  • HTC VIVE
  • Oculus Rift S

この2つに絞られますが、現在活動されているVTuberの方々がどちらを使っているのか調べてみましたが、圧倒的にHTC VIVEの使用率が高かったです。

やはりVIVEトラッカーによる高度で自然なトラッキングに差が出るように感じます。

しかし、steamVRのヘッドマウントディスプレイの使用率は「Oculus Rift S」が段々増えてきています。

インサイドアウトトラッキングによる外部センサーを使用せず場所を気にしない利点もあります。

VRのゲームをする事を目的にするなら「Oculus Rift S」も十分おすすめです。

【国内正規品】 HTC VIVE (コンシューマーエディション)
HTC
¥89,000(2019/09/23 06:31時点)
・最高峰のVR体験を実現するVIVEにはヘッドマウントディスプレイ、ベースステーション (センサー) 、コントローラーなどVRを始めるに当たって必要なものがパッケージされています。

【正規輸入品】Oculus Rift S (オキュラス リフト エス)
Oculus
¥49,800(2019/09/23 06:31時点)
最上級のVRゲームライブラリ 最上級のVRゲームをそろえたライブラリを縦横無尽にかけめぐりましょう。Oculus Rift Sでは、Oculusストアでリリースされている数百タイトルのゲームや限定コンテンツをプレイできます。新タイトルも順次追加されます。

HTC VIVEにおすすめの周辺機器・アクセサリ

バーチャル生活を快適にする為におすすめの機材を紹介します。

HTC VIVE デラックスオーディオストラップ

【国内正規品】 HTC VIVE デラックスオーディオストラップ
HTC
¥12,731(2019/09/24 04:29時点)
VIVEデラックスオーディオストラップは内部に専用のパッドと、360のリアルなサウンドを実現する調整可能なイヤホンにより、より心地よい装着感と没入感を提供します。

ヘッドフォンが付いたHTC VIVE(HMD)用のベルトです。

頭や顔にかかる負担を軽減できるのでおすすめです。

 

Viveトラッカー固定用ベルト・専用 ホルダー

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017 専用 ホルダー VR トラッカー対応 スタンド ストラップ
Newzerol
¥1,280(2019/09/23 06:31時点)
対応機種:HTC VIVE Tracker 2018 アクティブトラッカー専用ホルダー。

Newzerol For HTC VIVE Tracker 2018/2017専用 ホルダー VR アクティブトラッカー対応 スタンド ストラップ
Newzerol
¥1,680(2019/09/23 06:31時点)
対応機種:HTC VIVE Tracker 2018 アクティブトラッカー専用ホルダー。

VIVEトラッカーを固定するためのベルトやホルダーです。

ヘッドマウントディスプレイまとめ

今回はVTuber向けのヘッドマウントディスプレイの紹介をさせていただきました。

これから新規でVR機材の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

様々な種類がありますが、VTuber向けはPC用となりますので購入する際は間違えないようにして下さい。

vtuberのなり方や作り方はこちらで紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました