vtuberデビューしてみませんか?

キャプチャーボードの種類とおすすめを紹介

キャプチャーボードの種類とおすすめを紹介VTuber機材

youtubeやTwitch等の配信サイトでゲーム配信やゲーム実況動画の投稿をする方が増えてきましたが、これからゲーム実況や配信をしたい方に向けてキャプチャーボードについて解説します。

PCのゲームならゲーム画面をOBS(フリーソフト)でキャプチャーして簡単に録画できますが、Nintendo SwitchやPlayStation 4等の家庭用ゲーム機はキャプチャーボードがないとPCの画面に録画することができません。

初めてキャプチャーボードを買う方へおすすめのキャプチャーボードもご紹介します。

キャプチャーボードとは?

簡単に説明するとPCにゲームのプレイ画面を映す為に必要な機材です。

ゲームの映像を録画したり、配信する為にはキャプチャーボードが必要になります。

キャプチャーボードとは?

キャプチャーボードの種類

キャプチャーボードは以下の2種類に分かれます。

  1. 外付け型キャプチャーボード
  2. 内蔵型キャプチャーボード

外付け型キャプチャーボード

外付け型はPCとキャプチャーボードをUSBケーブルで接続して使うタイプです。

PCに接続する為のUSB端子とゲーム機・モニターに接続する為のHDmi端子があります。

外付け型キャプチャーボード

外付け型のメリット
  • USB接続で初心者の方でも簡単に使える
  • 内蔵型より種類が多い
  • ノートPCでも使える
  • 持ち運びが便利
外付け型のデメリット
  • 内蔵型に比べて性能がやや落ちる
  • 外付けなのでキャプチャーボードを置くスペースが必要になる

内蔵型キャプチャーボード

内蔵型キャプチャーボードは、デスクトップPCに取り付けて使うタイプで、PC内のマザーボードにあるPCI Expressスロットに差し込みます。

 

内蔵型キャプチャーボード

内蔵型のメリット
  • 外付け型に比べて高性能
  • 内蔵型なのでPCにUSBを接続して使える
内蔵型のデメリット
  • キャプチャーボードの取り付けには多少の手間が掛かる
  • PCに関して知識が必要になる
  • ある程度のPCスペックが必要になる

エンコード方式について

エンコードとは「圧縮」「変換」をする作業のことです。

キャプチャーボードを使ってゲームの映像を録画したり配信する為にはエンコードをしなければなりません。

今回紹介するのは2種類のエンコード方式です。

  • ソフトウェアエンコード方式
  • ハードウェアエンコード方式

ソフトウェアエンコード方式

ソフトウェアエンコード方式とは、Nintendo SwitchやPlayStation 4等のゲームの映像をPC側で処理する方式です。

その為、ソフトウェアエンコード方式を採用する際はある程度のPCのスペックが必要になります。

ソフトウェアエンコード方式

ソフトウェアエンコード方式のメリット

  • 遅延が少ない状態で録画や配信ができる

ソフトウェアエンコード方式のデメリット

  • PCの必要スペックが必要になる
  • PCにある程度の負荷がかかる

ハードウェアエンコード方式

ハードウェアエンコード方式とは、ゲームの映像をキャプチャーボード側で処理して録画や配信をする方式です。

ハードウェアエンコード方式

ハードウェアエンコード方式のメリット

  • キャプチャーボードで映像を処理するのでPCの負荷が少ない
  • PCの必要スペックが低い

ハードウェアエンコード方式のデメリット

  • ソフトウェアエンコード方式に比べて遅延がある
  • ゲーム画面をキャプチャーするにはメーカー製のソフトを使わなければならない

どちらのエンコード方式を選べばいいか

正直どちらが良いかと言われればソフトウェアエンコード方式の方が遅延も少ないのでおすすめです。

しかし、皆さんの使用しているPCのスペックや環境によって変わってくるものなので、ゲーミングPCのミドルスペック以上ならソフトウェアエンコード方式、ノートPC等であまりPCに負荷をかけたくない場合はハードウェアエンコード方式と使い分ける必要があります。

ご自身の環境に合ったエンコード方式を選びましょう。

パススルー出力について

ゲームの映像を録画したり配信する時、なるべく遅延を少なくしたい。

その為には「パススルー出力」の機能が搭載されたキャプチャーボードを選びましょう。

パススルー出力について

パススルー出力とは?

キャプチャーボードの遅延を回避する為の機能です。

上の画像はパススルー機能が搭載されたAVerMediaのキャプチャーボード『GC553』ですが、「HDmi IN」の他に「HDmi OUT」の端子が付いています。

USBでPCに接続して、「HDmi OUT」はHDmiのケーブルで別のモニターに接続します。

 

PCモニターに映る映像は多少の遅延が発生する為、キャプチャーボードを更に別のモニターにHDmiケーブルで接続する事で遅延の無い映像でゲームをプレイすることができます。

FPSやTPSといった対戦ゲーム等ではなるべく遅延を減らしてプレイしたいのでパススルーの機能は必須と言えます。

おすすめのキャプチャーボード

キャプチャーボードで有名なメーカー

キャプチャーボードで有名なメーカーは主に3つあります。

  • AVerMedia
  • Elgato
  • I-O DATA

他にもマザーボードを販売されているメーカーはありますが、国内で人気のあるメーカはこの3つのメーカーになります。

今回はおすすめの外付け型と内蔵型のキャプチャーボードを紹介します。

おすすめ外付け型キャプチャーボード

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

  • 接続インターフェース:USB 3.1 Gen1 端子(Type-C)
  • 入力端子:HDMI 2.0
  • 最大入出力解像度:3840 x 2160(60fps)/ 最大録画解像度:1920 x 1080(60fps)
  • エンコード方式:ソフトウェアエンコード
  • 対応ソフト:専用ソフト「AVerMedia RECentral」、サードパーティ製ソフト

4Kのパススルーに対応した外付け型のキャプチャーボードで、録画は1080p/60fpsに対応しているので十分な性能です。

数多くの配信者・動画投稿者の方が愛用しているおすすめの一品。

GC550 PLUS:製品紹介ページはこちら

AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553

AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553

  • 接続インターフェース:USB 3.1 Gen1 端子(Type-C)/入力端子:HDMI 2.0
  • 最大入出力解像度:3840 x 2160@60fps(HDR対応)
  • 最大録画解像度:3840 x 2160@30fps(※HDR非対応) & 1920 x 1080@120fps、1920 x 1080@60fps HDR
(※『RECentral』の 「シングルモード」使用時のみ)
  • エンコード方式:ソフトウェアエンコード
  • 対応ソフト:専用ソフト「AVerMedia RECentral」 、サードパーティ製ソフト

こちらも4Kのパススルー機能搭載で「GC550 PLUS」よりもスペックが高く、現在販売されている外付け型の中では最高性能。

遅延もほとんど感じないのでストレス無くゲームをプレイできます。

AVerMedia LIVE GAMER ULTRA GC553紹介ページはこちら

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS

  • 接続インターフェース:USB 2.0(UVC・UAC 対応、プラグ&プレイの簡単接続)
  • 入力端子 HDMI2.0、ヘッドセット端子(4極)、パーティーチャット端子(4極)
  • 最大入力解像度:3840 x 2160(60fps)/ 最大録画解像度:1920 x 1080(60fps)
  • ストレージ(単体録画モード):microSDHC / microSDXCメモリーカード(スピード:SDスピードクラス CLASS 10以上)
  • エンコード方式:ハードウェアエンコード

こちらはハードウェアエンコード方式のキャプチャーボード。

PCへの負担が少ない上に、単体で録画ができる機能が搭載されています。

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS紹介ページはこちら

I-O DATA GV-USB3

I-O DATA GV-USB3

  • 最大入出力解像度:3840×2160/60p(4K60pパススルー)
  • 接続インターフェース:USB 3.1 Gen 1 Type-A
  • エンコード方式:ソフトウェアエンコード
  • 映像入力端子:HDMI

I-O DATAから発売されたソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボード。

今回紹介する外付け型のキャプチャーボードの中でも値段が安く、4Kのパススルーには対応していませんが、1080p/60fps対応で十分な性能です。

I-O DATA GV-USB3紹介ページはこちら

I-O DATA キャプチャーボード ゲームキャプチャー HDMI PC用 USB 3.0 ゲーム実況 録画 編集ソフト付 GV-USB3/HD
アイ・オー・データ
¥23,868(2019/09/23 05:50時点)
[対応ゲーム機] PS4、Nintendo Switch、Wii U、Xbox One S ※詳細はメーカーHP参照

Elgato Game Capture HD60 S

Elgato Game Capture HD60 S

  • 接続インターフェース:USB3.0
  • キャプチャー解像度:1080p/60fps
  • エンコードタイプ:ソフトウェアエンコード
  • システム要件:PC:Windows 10 (64-ビット)、Mac:OS Sierra以降

Elgatoから発売されたMac対応のソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボード。

Macユーザーの方が見た目のデザインの良さもあり愛用しています。

Elgato Game Capture HD60 S紹介ページはこちら

Elgato Game Capture HD60 S [ソフトウェアエンコード式キャプチャボード(日本国内正規品)] 1GC109901004
Elgato
¥19,769 (¥1,558 / oz)(2019/09/23 05:48時点)
世界中のコンテンツクリエイターから選ばれるElgatoブランド

まとめ

初心者の方に向けてキャプチャーボードについての解説をしました。

PCスペックや予算に合わせて自信に合ったキャプチャーボードを是非見つけて下さい。

今回のおさらい

  • キャプチャーボードは2種類ある(外付け型・内蔵型)
  • 初心者の方はまず外付け型を使ってみよう
  • エンコード方式がある(ソフトウェアエンコード方式・ハードウェアエンコード方式)
  • パススルー機能で遅延を無くしてゲームをプレイしよう

 

タイトルとURLをコピーしました