AG03MK2とAG06MK2について【旧モデルとの変更点は?】

AG03MK2とAG06MK2について【旧モデルとの変更点は?】VTuber機材

配信者の方々が愛用されているAGシリーズの新作、「AG03MK2」「AG06MK2」が2022年4月から発売されます。

今回はYAMAHA(ヤマハ)から発売される新しいAG03シリーズの紹介です。

この記事では以下の内容について説明します。
  • AG03シリーズとは?
  • 新しく発売されるAG03MK2/AG06MK2について
  • 旧モデルのAG03との比較・違いについて

AG03シリーズとは?

ヤマハ | AG03
ヤマハ | AG03 – ウェブキャスティングミキサー

AG03とは、楽器や音響機器の製造を手掛ける大手日本メーカーの「ヤマハ」から発売されたウェブキャスティングミキサーです。

現在では音楽活動されている方だけでなく、数多くの配信者がオーディオインターフェースとして使用しています。

2015年の春ごろに発売されてから現在に至るまで「オーディオインターフェースと言えばAG03」と呼ばれるほど多くの方々に愛用されてきました。

しかし現在では初期のAG03は生産が終了され、新しいAG03シリーズが発売されました。

旧モデルのAG03は前回の記事で紹介しております。

新しく発売されるAG03MK2/AG06MK2

ヤマハ | AG03MK2
ヤマハ | AG03MK2

AG03の生産が終了され、今回紹介するYAMAHAから「AG03MK2」と「AG06MK2」が新たに発売されまます。

前のAG03では白のカラーリングしかありませんでしたが、今回から黒のカラーリングも追加されました。

配信デバイスを黒で統一されたい方には嬉しいポイントです。

ライブストリーミングミキサー

G03MK2は、厳選された多様な入出力、DSPエフェクト、Loopback機能、それらすべてを直接的に・簡単にコントロール可能なミキサー型製品へより高いレベルで落とし込まれたAG03の後継機種です。新たな配信スタイルに対応するための4極ミニ入出力端子やライブ配信において必須であるミュートボタンの搭載、さらに内部回路への供給電力の向上による音質改善がなされました。AG03MK2は、好みのマイクやヘッドセットと組み合わせ、あなた好みの配信環境構築に最適なライブストリーミングミキサーです。

ヤマハ | AG03MK2

旧モデルのAG03との比較・違いについて

今回紹介する「AG03MK2」と「AG06MK2」は旧モデルに比べ、より配信に特化した作りになっているそうなので、前作のAG03と比べどのような機能が追加されたのか見ていきましょう。

USB type-c

AG03MK2 USB type-c
ヤマハ YAMAHA ライブストリーミングミキサー 3チャンネル ホワイト AG03MK2 W

旧モデルとの違いとして背面にある端子が「USB type-c」となりました。
接続自体はUSB 2.0となっており、付属のUSBケーブルはtype-cとtype-Aとなります。

USB type-cになったことにより旧モデルと比較してAG03MK2に流れる電力が大幅に上がり、マイクの音質がより良くなります。

ミュートボタン

AG03MK2 ミュートボタン
ヤマハ YAMAHA ライブストリーミングミキサー 3チャンネル ホワイト AG03MK2 W

AG03MK2から「ミュートボタン」が追加されました。

旧モデルのAG03ではミュートボタンが無かった為、離籍する時等ゲインを下げて音を調節しなければならなかった問題がこれで解決されました。

AUX

AG03MK2 AUX

AUXは、スマートホンの音をAG03に取り込んでイヤホンから音楽を聴いたり、配信で音を流すがとができる機能のことです。

AG03MK2のAUXはそれらに加えて、マイクの音をスマートホンに入力することができるようになりまた。

旧モデルのAG03は音の入力だけに対し、新モデルのAG03MK2は入出力に対応できるようになりました。

AG06MK2について

AG06MK2
ヤマハ YAMAHA ライブストリーミングミキサー 6チャンネル ブラック AG06MK2 B

AG03MK2の話をメインに説明してきたので「AG06MK2」について少しご紹介します。

AG03MK2と比べ、AG06MK2はマイクが2本差せるのが特徴。
音量調整はフェーダーではなくツマミで調整。

今回のAG06MK2から1ch,2ch共にコンデンサーマイクが接続できるようになり、ファンタム電源が供給できるようになりました。

二人で対談したり配信・実況をするときにコンデンサーマイクが2本使えるのは嬉しい要素ですね。

ヤマハ YAMAHA ライブストリーミングミキサー 6チャンネル ブラック AG06MK2 B
ヤマハ(YAMAHA)
¥29,500(2022/04/08 16:18時点)
2本のコンデンサーマイクを同時使用可能

「AG03MK2」と「AG06MK2」まとめ

今回は新しくYAMAHA(ヤマハ)から発売される「AG03MK2」と「AG06MK2」の紹介でした。

youtubeにて人気ストリーマーのSPYGEA/スパイギアさんが実際にAG03MK2を使ったレビュー動画を投稿されているので是非こちらも合わせてご覧ください。

6月発売予定の「AG01」も実機レビューされているのでこちらも気になる方は是非チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました