Vtube Studioの使い方【Steam版でwebカメラを使ってみる】

Vtube Studioの使い方【Steam版でwebカメラを使ってみる】VTuber制作

LIVE2D専用のリアルタイムフェイストラッキングソフト「Vtube Studio」について解説します。

steam(PC版)の導入方法からwebカメラを使ったトラッキング方法まで紹介

Vtube Studioとは?

Vtube Studioとは、LIVE2D専用のリアルタイムフェイストラッキングソフトです。

steam版(PC版)とiOS版・android版が存在しており、これらを単体で使ったり、組み合わせて使うことができます。

今回はVtube Studioの導入から使い方まで分かりやすくイラストを交えて解説します。

※この記事ではsteam版(PC・windows版)の導入解説となります。

FaceRigとの比較点

LIVE2Dのトラッキングソフトとして有名な「FaceRig」がありますが、windows専用です。

Vtube Studioは嬉しいことに、macOSでも使用できることからmacユーザーの方々にも愛用されています。

Vtube Studioを使う前に確認する事

Vtube Studioを使う前に自身のPCやiOS・android端末が使用基準を満たしているか確認しましょう。

windowsシステム概要(推奨スペック)

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10 (64 bit)
プロセッサー: AMD / Intel CPU running at 2.5 GHz or higher
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: AMD/NVIDIA graphic card, with at least 4GB of dedicated VRAM and with at least DirectX 11
DirectX: Version 11
ストレージ: 4 GB 利用可能

macOSシステム概要(推奨スペック)

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Catalina 10.15
プロセッサー: Intel Core i7
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: 4GB VRAM
ストレージ: 4 GB 利用可能

iOS・android端末について

iOS版・android版のVtube Studioはフェイストラッキングを使用する為、その機能が備わった端末を用意する必要があります。

iPhone・iPadはFaceID対応端末(ARKit)を使用します。

Face ID に対応している iPhone と iPad のモデル

 

androidはARCoreの機能が搭載された端末を使用します。

ARCore対に対応しているandroid端末

ウェブカメラ

LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920
Logicool(ロジクール)
¥10,456(2021/06/28 11:25時点)
接続方式:USB / 遠隔操作:非対応 / ワイヤレス:×

PCと合わせて使うウェブカメラのおすすめとして紹介。

最大解像度:1920X1080 / 有効画素数:300 / フレームレート:30

 

Vtube Studioの導入

PC版のダウンロードは以前Vtube Studioの制作者である「Denchiさん」のwebサイトからダウンロードできましたが、現在はsteam版が実装された為、steamからインストールを行いましょう。

steam版のインストール

 

インストールする為にはsteamにログインする必要があります。

Vtube Studioは基本無料で使うことができますが、画面左下に動くアイコン(あかりん)が表示されます。

この(あかりん)を消す為には「VTube Studio – Remove Watermark」を購入する必要がありますが、最初は無料版で動作確認を行って問題なければ有料版に切り替えることをおすすめします。

 

モデル(アバター)の導入

Vtube Studio モデル(アバター)の導入

Vtube Studioに自分で用意したモデルを導入しましょう。

※steamのインストール設定を変えている場合はどこにインストールしたか確認して下さい。

SteamLibrary→steamapps→common→VTube Studio→VTube Studio_Data→StreamingAssets→

Live2DModelsに用意したモデルファイルを設置して下さい。

今回はLive2D Cubismより「イプシロン」をお借りして導入しました。

 

Vtube Studioの起動・初期設定

Vtube Studioの起動・初期設定

Vtube Studioを起動すると初期アバターである「あかり」が表示されます。

画面左側にある人のアイコンをクリックして今回用意したアバターに変更しましょう。

 

Vtube Studioの起動・初期設定

新しいモデルを選択すると↑のような画面が表示されます。

今回私はwebカメラ・iphone用にモデルを動かしたいので一番上のオートセットアップ(iphone/ウエブカメラ用)を選択しました。

 

webカメラの設定

Vtube Studio webカメラの設定

画面左側にあるピンク色の歯車のアイコンをクリック→上部に出てきたカメラアイコンをクリックしてwebカメラの設定を行います。

①カメラを選択する

Vtube Studio webカメラの設定

使用するカメラの種類を選んで下さい。

PCに接続されたカメラの製品名が表示れたらそちらを選択します。

 

Vtube Studio webカメラの設定

目のまばたきや、ウィンクをトラッキングする為には1280×720以上の解像度を選択します。

トラッキング精度を高める為になるべく高い解像度を選択しましょう。

 

Vtube Studio webカメラの設定

フレームレートもできるだけ高い数値(30以上)に設定

Vtube Studio webカメラの設定

フォーマットは3種類ほどあるようですが、自分の場合は「MJPEG」に

※最高のフレームレートで動かすためには「MJPEG」を選択。

 

②トラッキング精度

Vtube Studio トラッキング精度

レベルが高いほどトラッキング精度が良くなるのでPCのスペックに問題が無ければレベル5を選択

 

カメラON・オートトラッキング

Vtube Studio カメラON・オートトラッキング

最後にカメラをONにして顔のトラッキングを開始しましょう。

トラッキング画面が表示されるのでキャリブレーションを行った後に消しましょう。

オートスタートをONしておくとVtube Studioを起動した際に自動でカメラのキャリブレーションをしてくれます。

これで基本的なwebカメラの設定は終わりました。

モデルの初期セットアップ

Vtube Studio モデルの初期セットアップ

モデルを導入した際に「オートセットアップ」をしているので基本的な動きの調整は済んでいると思います。

Vtube Studioは細かい設定を行うことが出来るので色々試してみて下さい。

どのような項目があるのか、詳しい設定方法等は「古隅ふゆせ様」がnoteにて公開されている

Vtube Studio使い方ガイド – 製作者向けがとても参考になります。

 

合わせて読んでおきたいアオツギ セイジ様がツイートされたオートセットアップ後の微調整について

 

ぱんぱかぱーん!でお馴染みのVtubeStudio日本公式担当ぼす@Live2D様の動画

Vtube Studioに関連する記事や動画を拝見しましたが、細かく設定できる項目が多いですね。

Live2D自体の設定を行わないと使うことができない設定もあるのでモデル制作者の方々にとっても有益な情報ばかりではないでしょうか。

OBSに透過出力する

Vtube Studio OBSに透過出力する

Vtube Studioはクロマキー合成をせずに透過出力をすることができます。

背景選択で「ColorPicker」を選択して下さい。

Vtube Studio OBSに透過出力する

背景の色はお好きな色で構いません。透過(OBS)をONにします。

Vtube Studio OBSに透過出力する

OBSを起動してソース追加でゲームキャプチャを選択。

ゲームキャプチャのプロパティ画面で以下のように選択

  • モード:特定のウィンドウをキャプチャ
  • ウインドウ:【VTube Studio,exe】
  • 透過許可:ボックスにチェックを入れる

Vtube Studio OBSに透過出力する

背景が黒い状態になっていれば透過出の成功です。

Vtube Studioまとめ

steam版になってからwebカメラを使えるようになり、Live2DモデルをPCで使う為の選択肢が増えたのは素晴らしいですね。

モデルに設定できるトラッキングの調整やキーバインド等を覚えれば表現の幅が一層広がると思いました。

FaceRigの正式サービスがもうじき終わることを考えるとLive2Dのトラッキングソフトの中でも使用者は今後増えていくんじゃないかと思います。

アップデートも継続的に行われているので今後も目が離せません。

最近ではVtube Studio向けにモデルをセットアップしてくれるモデラーさんもいるので是非一度確認してみて下さい。

オリジナルイラストとLive2Dモデルのデジタルマーケット【nizima】

ココナラでクリエイターを探す場合はこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました