VSeeFaceの使い方【3Dvtuber向けのトラッキングソフトウェア】

VSeeFaceの使い方【3Dvtuber向けのトラッキングソフトウェア】VTuber制作

3Dvtuber向けのトラッキングソフトウェアとして「Luppet」「3tene」等が有名ですが、

今回は海外のVストリーマーにも愛用されていて無料で使える「vseeface」の導入から基本的な使い方を紹介します。

vseefaceとは?

海外のVストリーマー(vtuber)の方々に愛用されているフェイストラッキングソフトです。

最近では国内のvtuberの方々の間でも話題のソフトで、3Dのvtuber向けモデルを使用する方々にお勧めされています。

vseefaceでどんな事ができるのか?

  • webカメラで簡単にVRMモデルを動かせる。
  • Leap Motionを使用して手や指のトラッキングができる。
  • VMCprotocol対応ソフトなのでEVMC4Uと連携してUnityを利用した様々な表現ができる。
  • 「waidayo」等のたアプリを使用してパーフェクトシンクに対応できる。

webカメラだけでも表情のトラッキング機能が良く、十分に活用できる。

後日、別の記事で紹介予定の別アプリと併用した「パーフェクトシンク」にも対応できるのが強み。

 

必要な機材(ハードウェア)

  • PC
  • webカメラ
  • leap motion(手や指を動かす場合)

leap motionは無くてもwebカメラがあればFacerigのように使えます。

ロジクール ウェブカメラ フルHD 1080P 60FPS ストリーミング ウェブカム AI オートフォーカス 自動露出補正 自動ブレ補正 ストリームカム StreamCam C980OW オフホワイト USB-C接続 国内正規品 2年間メーカー保証
Logicool(ロジクール)
¥18,500(2021/05/14 22:46時点)
【ASCII BESTBUY AWARD 2020、VGP2021等各賞を受賞】家電量販店9社とASCII編集部が「今年を代表する素晴らしいデジタル機器」をピックアップする「ASCII BESTBUY AWARD 2020」、オーディオビジュアル機器の魅力を熟知した評論家と全国の有力販売店による、プロの厳正なる審査よって選出される「VGP 2021」等を受賞
【国内正規代理店品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム
Leap Motion
¥15,000(2021/05/14 22:46時点)
Leapコントローラーは、専用ソフトウエアと組み合わせることで、キーボードやマウスを使わずに指先や手の動きでコンピュータを操作可能。
スマホブラケット AFUNTA ネックレス式 スマホホルダー POV 撮影 ビデオ など iPhone Samsung Sony Huaweiなど 4” - 6”(インチ)のスマートに適用
AFUNTA
¥350(2021/05/14 22:46時点)
ハンドフリーデザイン:忙しい時、このネックレス式ホルダーを使って写真を撮ることも撮影こともできて、簡単に生活中のあらゆる瞬間を記録する。

 

 

vseefaceの使い方

これからVSeeFaceの導入→アバター登録→起動確認→設定確認の順に説明します。

なるべく分かりやすいように図解で説明します。

導入(ダウンロード)

vseeface導入(ダウンロード)

まず最初に「VSeeFace」のダウンロードを行います。

ダウンロードが終わったらzpファイルを解凍して下さい。

VSeeFace

 

vseeface導入(ダウンロード)

ダウンロードとファイルの解凍が終わったら起動して設定を行います。

VSeeFaceのフォルダ内にある「VSeeFace.exe」をクリックして起動します。

 

vseeface導入(ダウンロード)

チュートリアルの画面が表示されるので言語を日本語に変更して各ページを確認しながら次のページへ進みます。

(OBSにVSeeFaceの画面を取り込む方法や、基本操作等が紹介されているので確認しておきましょう。)

 

アバター登録

vseefaceアバター登録

VSeeFaceの設定画面まで移動したら「アバター登録」をクリックしてご自身が使用する3Dアバター(vrmファイル)を登録しましょう。

 

vseefaceアバター登録

アバターの追加ができたら画面左側にあるウェブカメラの設定を行います。

カメラの設定が終わったらスタートをクリックして下さい。

起動確認

vseeface起動確認

VSeeFaceが無事起動すると↑のような画面になります。

webカメラがちゃんと動作していればアバターを動かすことができます。

アバターの動作確認ができたら設定項目を見ていきましょう。

 

設定

画面右上の設定タブから以下の設定が行えます。

一般設定

vseeface一般設定

個人的に便利だと思った機能を一部紹介

  • 自動まばたき:目のトラッキングを行わず自動でまばたきする
  • まばたき同期:左右の瞬きを独立させる(ウィンクする時等に使う機能)
  • 頭を上下動かないようにする:カメラのトラッキングによる頭の動きを制御する

 

表情設定

vseeface表情設定

Neutral(通常)の状態やFun、Angry等の喜怒哀楽の表情を設定できます。

表情による表現を増やしたい場合はこの項目を設定してみて下さい。

(手間を増やしたくない場合は特に設定しなくてもOKです。)

 

照明設定

vseeface照明設定

VSeeFaceの面白い機能の一つとして照明設定があります。

ちょっとしたライティング(色味を変え)が出来るのでシーンに合わせて変えてみましょう。

↑の図は若干色味をオレンジにしています。

(ここも特に必要が無ければ設定しなくてOKです。)

 

後処理設定

vseeface後処理設定

後処理設定の項目では、動画編集ソフトで等で良く使う機能があります。

  • ブルーム:↑の図のように光を拡散させる
  • レンズ歪み:レンズ・ガラス越しで見たような歪みを起こす
  • 色調補正:色を調整する

 

この中の機能では「色調補正」がとても便利で、色相、彩度、コントラス等細かく設定できます。

アバター登録をした際にアバターの色味がおかしい時は色調補正使って調整しましょう。

 

leap motion設定

vseeface-leap motion設定

leap motionをLuppetのように首からかけて使う場合は設定を変えなければなりません。

アバターにleap motionのモデルが表示されるのでそれを見ながら位置を変えて下さい。

  • 位置アタッチメント:机上→胸に変更
  • 位置 高さ・前方:デフォルトだとセンサーの位置が上のほうにあるので高さを調節します。(必要であれば前後の位置も調整しましょう。)

 

Vseefaceの画面をOBSに取り込む方法と基本操作

チュートリアルにOBSの設定や基本操作について解説されていますが、一応やり方を紹介します。

OBSの設定

Vseefaceの画面をOBSに取り込む方法

画面右下にある※アイコンをクリックするか、キーボードのEscボタンを押して背景を透過させます。

 

Vseefaceの画面をOBSに取り込む方法

OBSを起動してシーンを作成してソースを追加でゲームキャプチャを選択してください。

 

Vseefaceの画面をOBSに取り込む方法

ゲームキャプチャのプロパティ画面で以下のように設定して下さい。

  • モード:特定のウィンドウをキャプチャ
  • ウィンドウ:[VseeFace.exe]
  • 透過を許可にチェックを入れる
  • カーソルキャプチャのチェックを外す

これでVseefaceの画面を背景を透過した状態でOBSに取り込むことができます。

 

基本操作

Vseeface基本操作

  • Rキーでアバターの位置をリセット
  • Altキー + マウスを左クリックした状態でアバターの回転
  • Ctrキー + マウスを右クリックした状態でアバターの移動
  • Altキー + マウスの右クリックでアバターの縮小・拡大

 

vseefaceまとめ

今回はvseefaceの導入から基本的な使い方までの紹介でした。

後日、「パーフェクトシンク」に対応したやり方も紹介予定です。

もう一度チュートリアルを見たい場合は説明タブ→チュートリアルの順にくりっくしていけば再度見れます。

無料かつ多機能なので気になった方は是非、vroid等でアバターを作成してvseefaceで動かしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました