PR

Core i7-13700搭載のゲーミングPC紹介&性能比較【2024年】

Core i7-13700搭載ゲーミングPC紹介【性能比較】 CPU
記事内に広告が含まれています。

インテル第13世代CPUの「Core i7-13700」の基本仕様や前世代CPUと比較してどれくらい性能が上がったのか分かりやすく解説します。

BTOショップで販売されているCore i7-13700を搭載したおすすめゲーミングPCも合わせて紹介します。

Core i7-13700基本性能・比較

Core i7-13700基本性能・比較

Core i7-13700基本性能

CPUi7-13700
コードネームRaptor Lake
プロセス10nm
ソケットFCLGA1700
合計コア数16
Pコア数8
Eコア数8
スレッド数24
Pコア最大クロック5.10 GHz
Eコア最大クロック4.10 GHz
合計L2キャッシュ24 MB
L3キャッシュ30 MB
PBP65 W
MTP219 W

2023年1月4日に発売されたCore i7-13700の性能と比較についての紹介になります。人気のi7かつ扱いやすいモデルなので 多くの人におすすめできるモデルです。

Core i7-13700の性能は、前世代のCore i7-12700と比較して、シングルスレッド性能は約8%向上、マルチスレッド性能は約15%向上しています。これは、Intelの最新アーキテクチャ「Raptor Lake」の採用によるものです。

比較(第12世代CPU)

CPUi7-13700Ki7-13700i7-12700
コードネームRaptor LakeRaptor LakeAlder Lake
プロセス10nm10nm10nm
ソケットFCLGA1700FCLGA1700FCLGA1700
合計コア数161612
Pコア数888
Eコア数884
スレッド数242420
Pコア最大クロック5.30 GHz5.10 GHz4.80 GHz
Eコア最大クロック4.20 GHz4.10 GHz3.60 GHz
合計L2キャッシュ24 MB24 MB12 MB
L3キャッシュ30 MB30 MB30 MB
PBP125 W65 W65 W
MTP253 W219 W180 W

去年の2022年10月に発売された第13世代「Core i7-13700K」を更に扱いやすくした バージョンになります。13700Kと比較してPコアとEコアのクロック周波数が上昇しており、TDP(消費電力)が抑えられています。

第12世代の12700と比較した場合、Eコアの数が4→8へ、スレッド数が20→24へ引き上げられました。これは先代i9-12900Kと同じコア数 スレッド数です 。合計L2キャッス数も倍の24 MBになったことにより処理能力が大幅に上昇しています。

比較(既存モデル)

コア /
スレッド
ベースクロックブーストクロックL3キャッシュTDP
Core i3-12100F4 / 83.3 GHz4.3 GHz12 MB58 W
Core i3-123004 / 83.5 GHz4.4 GHz12 MB60 W
Core i5-10400F6 / 122.9 GHz4.3 GHz12 MB65 W
Core i5-11400F6 / 122.6 GHz4.4 GHz12 MB65 W
Core i5-12400F6 / 122.5 GHz4.4 GHz18 MB65 W
Core i5-13400F6+4 / 162.5 / 1.8 GHz4.6 / 3.3 GHz20 MB65 W
Core i5-105006 / 123.1 GHz4.5 GHz12 MB65 W
Ryzen 5 36006 / 123.6 GHz4.2 GHz32 MB65 W
Core i5-10600K6 / 124.1 GHz4.8 GHz12 MB125 W
Core i5-11600K6 / 123.9 GHz4.9 GHz12 MB125 W
Ryzen 5 5600X6 / 123.7 GHz4.6 GHz32 MB65 W
Core i5-12600K6+4 / 163.7 / 2.8 GHz4.9 / 3.6 GHz20 MB125 W
Core i5-13600K6+8 / 203.5 / 2.6 GHz5.1 / 3.9 GHz24 MB125 W
Core i7-10700K8 / 163.8 GHz5.1 GHz16 MB125 W
Core i7-11700K8 / 163.6 GHz5.0 GHz16 MB125 W
Ryzen 7 3700X8 / 163.6 GHz4.4 GHz32 MB65 W
Ryzen 7 5700G8 / 163.8 GHz4.6 GHz16 MB65 W
Core i7-12700K8+4 / 203.6 / 2.7 GHz5.0 / 3.8 GHz25 MB125 W
Ryzen 7 5700X8 / 163.4 GHz4.6 GHz32 MB65 W
Core i7-137008+8 / 242.1 / 1.5 GHz5.2 / 4.1 GHz30 MB65W
Core i7-13700K8+8 / 243.4 / 2.5 GHz5.4 / 4.2 GHz30 MB125 W
Ryzen 7 5800X8 / 163.8 GHz4.7 GHz32 MB105 W
Ryzen 7 5800X3D8 / 163.4 GHz4.5 GHz96 MB105 W
Ryzen 9 3900X12 / 243.8 GHz4.6 GHz64 MB105 W
Ryzen 5 76006 / 123.8 GHz5.1 GHz32 MB65 W
Ryzen 5 7600X6 / 124.7 GHz5.3 GHz32 MB105 W
Ryzen 9 5900X12 / 243.7 GHz4.8 GHz64 MB105 W
Core i9-10900K10 / 203.7 GHz5.3 GHz20 MB125 W

価格推移

Core i7-13700 価格推移
2023年Core i7-13700
1月70,505円
2月57,045円
3月56,035円
4月55,440円
5月57,700円
6月56,980円
7月57,849円
8月56,536円
9月62,000円
10月63,800円
11月63,930円
12月60,980円
平均価格59,900円

Core i7-13700は、インテルより2023年01月04日に発売され、無印の「Core i7-13700」は5.7万円程度、グラフィック無しの「Core i7-13700F」は5.5万円程度の値段となりました。現在でも人気のCPUなのでAmazonの価格推移グラフを見ても値下がりはされていません。

2023年12月では約60,980円の値段に、2023年平均価格は59,900円となりました。

インテル INTEL CPU RPL-S CoreI7-13700F 16/24 5.20GHz 6xx/7xxChipset グラフィック機能なし 国内正規代理店品
インテル(Intel)
¥61,280(2024/05/19 05:31時点)
第13世代インテルCoreプロセッサーはインテル600シリーズを搭載したマザーボードにも対応

ベンチマークで性能比較

検証環境
CPUCore i7-13700
CPUクーラーAK620 Zero Dark
グラフィックRTX4070Ti
マザーボードASUS ROG Z790-F GAMING
メモリDDR5 32GB 5600MHz

「Cinebench R23」で測定

Core i7-13700「Cinebench R23」で測定
シングルスレッドマルチスレッド
Core i7-13700K2,11231,141
Core i7-137002,01329,282
Core i9-12900K2,05327,611
Core i5-13600K2,00723,247
Core i7-127001,88821,566
Core i5-134001,80416,032

CGレンダリング性能の確認で「Cinebench R23」を使用しました。シングルコアの性能はクロック差の分で12世代の12700とは大きく差が出ています。

全てのコアを使用するマルチのスコアでは、クロック差もある上にEコアは4個分の差もあるので12700と比べて大幅に性能が上がっているのが分かります。

「Apex Legends」で測定

Core i7-13700「Apex Legends」で測定
Core i7-13700「Apex Legends」で測定

「APEXLegends」最高設定で測定しています。

訓練場でバンガロールのウルトを使ってフレームレートを比較しましたが、12700よりもやや高いという感じでほぼ13700Kと変わりませんでした。

ゲームマッチ中のフレームレートも比較してしてみましたが、マッチ中の計測だとあまり差が見えませんでした。

Core i7-13700/Core i7-13700F搭載PC

マウスコンピューター・Core i7-13700F搭載PC

  • OS : Windows 11 Home 64ビット
  • CPU :インテル Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4070
  • メモリ:32GB (16GB×2)
  • ストレージ:1TB (NVMe Gen4×4)
  • 電源 : 750W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
価格:259,800円(税込)
  • インテル Core i7-13700Fは、第13世代CPUであり、クリエイティブ作業やゲーミングなど、幅広い用途に適したCPUです。
  • GeForce RTX 4070は、前世代のGeForce RTX 3070から性能と省電力性能が向上しており、ミドルクラスのグラフィックボードとして高いパフォーマンスを発揮します。
  • 個性が際立つガラスサイドパネル、通気性とメンテナンス性能に考慮されたPCケースが採用されています。
  • これからPCゲームを始めたい方におすすめの一台です。

ストーム・Core i7-13700F搭載PC

  • OS : Windows 11 Home 64bit DSP
  • CPU :Intel Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4070 12GB
  • メモリ:DDR4メモリ 32GB
  • ストレージ:1TB
  • 電源 :850W 80PLUS GOLD電源 
価格:235,000円(税込)
  • 第13世代CPUのインテル Core i7-13700Fは、ゲームだけでなくクリエイティブな作業でも快適に動作するコスパの良いモデルです。
  • GeForce RTX 4060Tiは、ゲーム性能だけでなく、ワットパフォーマンスも良いRTX 40シリーズの最新モデルです。
  • 4つのLEDファンを搭載、強化ガラスウィンドウで内部構造が見えるPCケース採用
  • 電源は850W 80PLUS GOLDを採用しているのでパーツを増設したり重たいゲームをする時も安心です。

パソコン工房・Core i7-13700F搭載PC

  • OS : Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
  • CPU :インテル Core i7-13700F
  • GPU:GeForce RTX 4070 12GB
  • メモリ:16GB(8GB×2) DDR5
  • ストレージ:1TB NVMe対応 M.2 SSD
  • 電源 : 700W 80PLUS BRONZE認証
価格:217,800円~
  • Intel Core i7-13700Fは第13世代のCPUで高いゲーミング性能があります。
  • GeForce RTX 4070は、設定次第で様々なゲームを遊べるおすすめのGPU。RTX 40シリーズで人気のあるミドルハイのGPU
  • フラッグシップのR-Classの意匠と同様の深みのあるマットブラック素材を採用したミニタワー型のPCケース
  • メモリやストレージの標準容量が抑え目ですが、その分価格が安くなっているので予算を抑えてゲーミングPCが欲しい方におすすめです。

Core i7-13700・よくある質問

Q
Core i7-13700のコア数はいくつ?
A

Core i7-13700のコア数は、Pコアが8、Eコアが8の合計16コアの構成となっています。

Q
13700と12700の違いは何?
A

「Core i7-12700」と「Core i7-13700」の大きな違いはコア数が増えている事です。

Core i7-13700は、i7-12700からEコアが4個増量して16コア24スレッドになっています。これは先代i9-12900Kと同じコア数 スレッド数です 。

Q
Core i7-13700の発売日はいつ?
A

「Core i7-13700」はインテルより2023年1月3日に発売開始されました。

参考文献・メディア・サイト

CPU関連記事

CPU
この記事ををフォローする
「デジフィール」運営者
デジ太

ゲーミングPCの最新情報・セールス情報を紹介しています。
vtuberのなり方や配信方法・動画編集・ボイスロイド実況の始め方もわかりやすく解説しています。

この記事ををフォローする
タイトルとURLをコピーしました