PR

Core i5 14600K搭載のゲーミングPC紹介&性能比較【2024年】

Core i5 14600K搭載のゲーミングPC紹介&性能比較 CPU
記事内に広告が含まれています。

インテル第14世代CPUの「Core i5 14600K」の基本性能と比較について情報をまとめました。Core i5 14600Kを搭載したおすすめゲーミングPCも紹介します。

「Core i5 14600K」基本性能・比較

「Core i5 14600K」基本性能・比較

Core i5 14600Kの基本性能

CPU14600K
コードネームRaptor Lake
プロセス10nm
ソケットFCLGA1700
合計コア数14
Pコア数6
Eコア数8
スレッド数20
Pコア最大クロック5.3 GHz
Eコア最大クロック4 GHz
合計L2キャッシュ20 MB
キャッシュ24 MB
ベース電力(PBP)125 W
最大電力(MTP)181 W

2023年10月17日に発売された第14世代CPUの「Core i5 14600K」の基本性能や「Core i5 13600K」の性能の比較について紹介します。

Core i5 14600KはIntel の最新第14世代の上位モデルで発売日の価格は59,800円、先代のCore i5-13600Kの発売価格が57,800円だったので約2,000円程の値上がりをしています。

Core i5 14600KとCore i5 13600Kの性能比較

CPU14600K13600K
コードネームRaptor LakeRaptor Lake
プロセス10nm10nm
ソケットFCLGA1700FCLGA1700
合計コア数1414
Pコア数66
Eコア数88
スレッド数2020
Pコア最大クロック5.30 GHz5.10 GHz
Eコア最大クロック4 GHz3.90 GHz
合計L2キャッシュ20 MB20 MB
キャッシュ24 MB24 MB
ベース電力(PBP)125 W125 W
最大電力(MTP)181 W181 W

まずは先代のCore i5 13600Kから何が変わったのか説明します。

↑はCore i5 13600Kとの仕様を比較した表になります。Pコア・Eコアの数は変わらず、スレッド数やキャッシュも前世代と変わらない数値でした。

変わった点はPコア・Eコアのクロック周波数でCore i5 13600KよりPコアの最大クロック数が0.2GHz、Eコアの最大クロックが0.1GHz性能があがりました。

前世代から変わったのはコアの動作クロック数と、第14世代から追加された新機能です。

新機能
  • コアごとの最大温度設定
  • intel XTU(AI OC機能)
  • intel APO(最適化機能)

特に注目したいのが、intel APOという機能は特定のゲームの性能が跳ね上がるそうなのでこれについても後に説明します。

対応マザーボード

ASUS ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥102,650(2024/05/18 10:13時点)
堅牢な電源ソリューション:24+2電源ステージ、8 + 8 ProCool II電源コネクタ、MicroFine合金チョーク、プレミアム金属コンデンサ
ASUS ROG MAXIMUS Z790 DARK HERO intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥110,789(2024/05/19 04:41時点)
インテリジェントコントロール: AI Cooling, AI Networking, 双方向AIノイズキャンセル
ASUS ROG MAXIMUS Z790 FORMULA intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥184,800(2024/05/17 23:00時点)
インテリジェントコントロール: AI Cooling, AI Networking, 双方向AIノイズキャンセル
ASUS ROG STRIX Z790-A GAMING WIFI II intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥60,110(2024/05/19 04:41時点)
堅牢な電源ソリューション:16 + 1 +2 のパワー ステージ、合金チョークと耐久性のあるコンデンサ、デュアル PROCOOL II パワー コネクタ、6層PCB
ASUS ROG STRIX Z790-E GAMING WIFI II intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥85,059(2024/05/19 04:41時点)
堅牢な電源ソリューション:18+1+2 電源ソリューション。デュアル ProCool II 電源コネクタ、高品質の合金チョーク
ASUS ROG STRIX Z790-F GAMING WIFI II intel 第14・13・12世代 CPU対応 LGA1700 Z790 搭載 DDR5 ATX マザーボード/国内正規代理店品
ASUS
¥70,495(2024/05/18 09:54時点)
堅牢な電源ソリューション:定格 90A の 16 + 1 電源ソリューション。デュアル ProCool II 電源コネクタ、高品質の合金チョーク
日本国内向けに発表された第14世代対応マザーボード
  • ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE
  • ROG MAXIMUS DARK HERO
  • ROG MAXIMUS Z790 FORMULA
  • ROG STRIX Z790-A GAMING WIFI II
  • ROG STRIX Z790-E GAMING WIFI II
  • ROG STRIX Z790-F GAMING WIFI II
  • TUF GAMING Z790-PRO WIFI

2023年10月に第14世代Intel Core対応マザーボードがASUSから発売されました。

今回の第14世代は対応するマザーボードの仕様が少し特殊で、Intelの600番台~700番台のマザーボードに対応していて12世代向けの600番台のマザーボードにも対応しているので2世代前のマザーボードも使用可能です。

ただし、BIOSが古い600番台のマザーボードだと起動ができなくて14世代対応バイオスにアップデートされている必要が あります。

よくわからない方は↑で紹介している日本国内向けに発表された第14世代対応マザーボードを是非チェックしてみて下さい。

価格推移

Core i5 14600K 価格推移
Intel CPU Corei5 14600K  第14世代 14コア(6P+8E) 5.3GHz
Core i5 14600K (amazon価格推移)
10月60,404円
11月59,681円
12月60,404円
1月58,729円

2023年12月時点でAmazonの販売価格を調べてみたところ、「Core i5 14600K」は税込み60,404円でした。第13世代 「Core i5 13600K」は税込み46,980円なので前世代と比べて約1万2千円の差があります。

価格推移

BTOパソコンショップのドスパラでは約76,800円で販売されていました。発売されてから間もないので今後の値段の変動に注目していきたいところ。

ベンチマークで性能比較

検証環境
CPUCore i5 14600K
Core i5 13600K
Core i7 13700K
グラフィックGEFORCE RTX4070 Ti
メモリDDR5 PC5-48000 16GB
マザーボードASRock Z790 PG Lightning

「Cinebench R23」で測定

Core i5 14600K Cinebench R23で測定
Cinebench – Maxon
シングルスレッドマルチスレッド
Core i7 13700K2,07529,460
Core i5 14600K2,04024,250
Core i5 13600K1,95023,515

Cinebench R23を使用して3Dレンダリングの性能比較をおこないました。

全てのコアを使っ た時のマルチのスコアでCore i5 13600Kに比べ、Core i5 14600Kが約3%ほど性能が上がっていました。

コア単体の性能を見るシングル のスコアはCore i5 13600Kに比べ、Core i5 14600Kが約4%ほど性能が上がっています。

価格やスペックが違いますが、販売価格が数千円高い1万3700 Kとは結構な性能差があります。

HandBrakeで測定

Core i5 14600K HandBrakeで測定
FHD4K
Core i7 13700K201950
Core i5 14600K2361,025
Core i5 13600K2411,055

動画変換・エンコードソフトのHandBrakeで測定で数分の動画をCPUエンコード処理にかかった時間を計測しました。

前世代のCore i5 13600Kに比べてFHDはほとんど変わらず、4K出力で約30秒ほどの差が出ました。

ゲーム性能比較

ファイナルファンタジーXIVベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV ゲーム性能比較
ファイナルファンタジーXIVベンチマーク

ファイナルファンタジーXIVベンチマーク(FF14)最高品質設定のベンチマークでスコアを計測しました。

前世代のCore i5 13600Kに比べ、約4%ほどシングル性能がアップしており、最低フレームレートもCore i5 14600Kのほうが高くなっていました。

4K画質はGPUの性能による依存が高い為、スコアの差はほとんどありません。

APEX

APEX ゲーム性能比較
APEX

APEXのフルHD最高設定でフレームレートを計測しました。

Core i5 13600Kに比べてCore i5 14600Kはフレームレートの落ち込みが少なく、平均PSが高い結果となりました。全世代と比べて動作クロック数が上がった結果、安定している印象です。

intel APOについて

intel APOについて

「Intel Application Optimization(以下APO)」とは、インテルCoreプロセッサー(第14世代)から搭載された新機能で特定のゲームにおいて高いパフォーマンスが発揮されます。

この機能を利用すれば対応ゲームにおいて10%以上フレーム レートが向上するとintel newsroomで説明されていました。

まだ対応されたゲームタイトルは少ないですが、今後対応するゲームが増えることでゲームが今まで以上に快適に遊べるようになります。

Core i5 14600K/Core i5 14600KF 搭載のおすすめゲーミングPC

ARK(Core i5 14600K/Core i5 14600KF搭載PC一覧)

ARK
画像
ケースミニタワーミドルタワー
CPUCore i5 14600KFCore i5 14600KF
GPURTX4060Ti 8GBRTX4060Ti 8GB
メモリ32GB32GB
SSD1TB2TB
タイトル詳細を見る詳細を見る

  • OS :Windows 10 Home 64bit [DSP版]
  • CPU : インテル Core i5 14600KF
  • グラフィック :GeForce RTX4060Ti 8GB
  • メモリ :SanMax DDR5-5600 32GB
  • ストレージ : Kingston 1000GB SSD
  • 電源 : 650W 80Plus Bronze電源
  • 最新のインテル Core i5 14600KFプロセッサーが搭載。ゲームの動作や動画・CGのレンダリングも快適に行えます。
  • グラフィックボードはRTX40シリーズのGeForce RTX4060Tiが搭載。様々なゲームをFHDで楽しむことができます。
  • コンパクトなミニタワー型ながらハイエンドグラフィックスカードが搭載可能となっており、優れた拡張性を実現するThermaltake「S100 Tempered Glass」ケースを採用。

まとめ

今回はCore i5 14600Kの基本性能・前世代のCPUの比較についての情報を掲載しました。

「Core i5 13600K」と比べても性能差はほとんどなかったので、既にCore i5 13600Kをお持ちの方は無理して買い替える必要は無いでしょう。

あと数千円出せばスペックの高いCore i7 13700Kが買えるので新規購入や買い替えを考えている方はその時の価格や相場に応じてCore i5 14600Kか、Core i7 13700Kのどちらを買うか考えましょう。

参考文献・メディア・サイト

CPU関連記事

CPU
この記事ををフォローする
「デジフィール」運営者
デジ太

ゲーミングPCの最新情報・セールス情報を紹介しています。
vtuberのなり方や配信方法・動画編集・ボイスロイド実況の始め方もわかりやすく解説しています。

この記事ををフォローする
タイトルとURLをコピーしました