vtuberデビューしてみませんか?

【AviUtl】動画を読み込む手順について解説

AviUtl動画編集

初期設定が終わったら動画を読み込んでみましょう。
今回は動画を読み込む為の設定と手順を紹介します。

【AviUtl】動画を読み込む

基本的な動画読み込みの手順に説明していきます。

拡張編集(タイムライン)の表示

最初に動画を読み込む前の設定をしていきます。
「設定」→「拡張編集の設定」をクリックしてチェックを入れて下さい。
【AviUtl】動画を読み込む
画面下に拡張編集(タイムライン)のウィンドウが出てきます。
この拡張編集ウィンドウで動画や音声ファイルの読み込みと編集を行っていきます。

動画ファイルを読み込む(手順1)

拡張編集ウィンドウを表示したら動画を読み込んでみましょう。
動画だけでなく、音声や画像等も読み込むことが出来ます。

動画ファイルを拡張編集ウィンドウにドラッグ&ドロップします。

【AviUtl】動画を読み込む

「新規プロジェクトファイルの作成」の小さなウィンドウが表示されるので
「読み込みファイルに合わせる」にチェックが入っているか確認して下さい。

【AviUtl】動画を読み込む

タイムラインに映像ファイルや音声ファイルが表示されます。

【AviUtl】動画を読み込む

動画ファイルを読み込む(手順2)

拡張編集のタイムライン上で右クリックして「新規プロジェクトの作成」を選択します。

【AviUtl】動画を読み込む

「新規プロジェクトファイルの作成」の小さなウィンドウが表示されますが、この手順では
「読み込みファイルに合わせる」にチェックを入れることができません。
画像サイズとフレームレートは設定できるので読み込むファイルのサイズをしっかり確認しましょう。

【AviUtl】動画を読み込む

拡張編集(タイムライン)上で右クリックして「メディアオブジェクトの追加」で動画ファイルや画像ファイルを読み込むことができます。

【AviUtl】動画を読み込む

動画ファイルを読み込む(手順3)

本体ウィンドウでファイルを直接読み込む方法を紹介します。

本体ウィンドウで直接読み込む場合、複雑な編集はできませんが「カット編集」等の簡単な編集ができるます。

①本体ウィンドウに動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

【AviUtl】動画を読み込む

②もしくは「ファイル」→「開く」でファイルを選択して読み込むことができます。

【AviUtl】動画を読み込む

【AviUtl】動画を読み込む(まとめ)

今回はAviUtlで動画ファイルを読み込む方法をご紹介させていただきました。

私が動画を読み込む際は(手順1)の方法で作業しています。最低限この方法だけでも覚えていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました