vtuberデビューしてみませんか?

【AviUtl】動画編集ができる無料ソフト【インストール編】

AviUtl動画編集

Youtubeに動画をアップロードする為には動画の編集作業が必要になりますよね?
今回は動画編集ができる無料のソフト『AviUtl』のインストールについて初心者の方にも分かるように解説します。

【AviUtl】動画編集ができる無料ソフト【インストール編】

無料で使える動画編集ソフトですが、使う前にいくつか準備が必要になります。
分かりやすく一から図を使いながら解説していきますので是非参考にしてみて下さい。

解凍ソフト Lhaplusをインストール

AviUtlを使用するにあたり、解凍ソフトが必要になります。
既に解凍ソフトをお持ちの方はこの項目は飛ばして次に進んでください。

Vectorのページで解凍ソフト Lhaplusをダウンロードします。
Lhaplusをインストール

Lhaplusは長年多くの方が使用されている有名な解凍ソフト です。

Aviutlと拡張編集Pluginをダウンロードする。

AviUtlと拡張編集Pluginをダウンロードします。

AviUtlのお部屋のページを開き、「aviutl100.zip」と「exedit92.zip」の二つをダウンロードして下さい。
Aviutlインストール

AviUtlは動画を編集する為のソフト本体です。
拡張プラグインは、AviUtlの機能を拡張する為のもので、様々な作業が出来るようになるので必ずダウンロードして下さい。

L-SMASH Worksをダウンロード

「L-SMASH Works」のプラグインをダウンロードします。

RePOPnのページを開いて上にあるタブの「L-SMASH etc.」から
「L-SMASH Works r935 release2」を選択してダウンロードして下さい。

Aviutlインストール

こちらのプラグインは色々な形式の動画を読み込むことができるプラグインです。

Lanczos 3-lobed 拡大縮小をダウンロード

Lanczos 3-lobed 拡大縮小をダウンロードします。

まるも製作所のページを開いて「Lanczos 3-lobed 拡大縮小」項目の
「lanczos3-0.5.7.lzh」をダウンロードして下さい。
Aviutlインストール

このプラグインは動画の画面サイズを拡大したり縮小したりする為のプラグインです。

x264guiExをダウンロードする

x264guiExをダウンロードします。

onedriveのページから「x264guiEx_〇.〇〇zip」をダウンロードして下さい。
(こちらは新しいverのものをダウンロードして下さい。下の図だとverは_2.60となっていますので今回は「x264guiEx_2.60.zip」をダウンロードします。
Aviutlインストール

このプラグインは動画をH.264という動画形式で保存するためのプラグインです。

ダウンロードしたファイルを解凍する

  • aviutl100
  • exedit92
  • L-SMASH_Works_r935-2_plugins
  • lanczos3-0.5.7
  • x264guiEx_〇.〇〇

ダウンロードした5つのファイルを解凍ソフト(Lhaplus等)で解凍して下さい。

Aviutlのフォルダにプラグインを入れる

「Aviutl」のフォルダにダウンロードしたプラグインを入れる作業があるのですが、ただ入れるだけではダメなので手順を踏まえて解説していきます。

まず最初の準備としてファイルの拡張子を表示させる設定にします。今回はwin10での説明になりますのでご了承ください。

Aviutlインストール

  1. 適当なフォルダを開きます。
  2. 上の「表示」タブをクリックすると表示される右側の「ファイル各拡張子」にチエックを入れてください。これによりこの後の作業がやりやすくなります。

拡張子の表示設定が終わったら「aviutl100」のフォルダを開いてください。

Aviutlのフォルダに拡張プラグインを入れる

Aviutlインストール

「exedit92」(拡張プラグイン)の中にあるファイルを全てaviutl本体のフォルダの中に移してください。

lanczos3のプラグインを入れる


「lanczos3-0.5.7」のフォルダ内にある「lanczos3.auf」のファイルだけをaviutl本体のフォルダ内に移してください。

L-SMASH Worksのプラグインを入れる

「L-SMASH_Works_r935-2_plugins」のフォルダ内にある

  • lwcolor.auc
  • lwdumper.auf
  • lwinput.aui
  • lwmuxer.auf

この4つのファイルをaviutl本体のフォルダ内に移してください。

x264guiExのプラグインを自動インストールする


「x264guiEx」のフォルダを開いて「auo_setup.exe」をダブルクリックして起動してください。

Aviutlインストール

起動したら図の赤枠を囲んでいるところをクリックしてaviutl本体のフォルダがある場所を指定して次へをクリックしてください。

インストールが始まりますがしばらく時間がかかりますので待ちましょう。

【AviUt】インストールまとめ

これでaviutlとプラグインのインストールは終わりです。
ここまでお疲れさまでした。
インストールが終わったらaviutl本体以外のフォルダは必要ないので削除していただいて結構です。
今回はインストールについての解説でした。

aviutlの導入が終わった方はこちらの記事で初期設定の解説をしていますので参考にしてください。

【AviUtl】動画編集ができる無料ソフト【初期設定編】
AviUtlのインストールが終わったら初期設定を行いましょう。今回は私のおすすめ設定をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました