vtuberデビューしてみませんか?

VRoid Studioの使い方・ダウンロードからテクスチャ変更まで解説

VTuber制作

自分だけのオリジナル3Dキャラクターが作れるアプリケーションVRoid Studioの使い方について解説します。

 

VRoid Studioとは?

誰でも簡単に3Dモデル(アバター)を作成できるアプリケーションで、無償で使うことができます。

作ったアバターはVR/ARが対応しているプラットフォームで使用できるのでVtuber活動もできます。

男性アバターも作成できるのが魅力で、VRoid Hubでユーザーが作成したアバターのVRMファイルをダウンロードすることが可能です。

 

まずはYoutubeに投稿されているVRoid Sdtudioの動画でどんな事ができるか確認して下さい。

[VRoid Studio]使い方①超初心者でも分かる3Dキャラ作り
3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」の使い方 ② 髪型作成編 by Sleepfreaks

 

この記事を読むことで以下の内容が分かります。

  • VRoid Sdtudioのダウンロード・起動方法
  • VRoid Sdtudioの基本的な使い方
  • カメラ操作・ショートカットキー
  • アバターの編集方法
  • エクスポート(VRMファイルの出力)
  • 衣装・テクスチャの変更方法

VRoid Studioのダウンロード・基本操作

ダウンロード

VRoid Sdtudioの公式サイトからダウンロードできます。

VRoid Studio | VRoid
VRoid Studioは、人型アバター(キャラクター)の3Dモデルを作成できるWindows・Mac用アプリケーションで、どなたでも無償でご利用いただけます。作成した3Dモデルは、VR/ARコンテンツ内でアバターとして利用するなど、商用・非商用を問わず、さまざまな用途に活用できます。

Win版とMac版どちらから選び、利用規約を読んでダウンロードして下さい。

起動方法

ダウンロードしたzipファイルを解凍して「VRoidStudio.exe」をクリックしてVRoid Studioを起動します。

VRoid Studioの使い方

起動したら「サンプルモデル」の一覧が表示されます。

新規作成するか、サンプルモデルをクリックして次に進みましょう。

VRoid Studioの使い方

新規作成をクリックした場合、男女どちらかのアバターを選びます。

カメラ操作・ショートカットキー

VRoid Studioの使い方

アバターの編集画面になります。編集する前に基本的なカメラ操作とショートカットキーを覚えましょう。

カメラ操作
  • 回転:右ドラッグ
  • 移動: Shift + 左ドラッグ、もしくはSpace + 左ドラッグ
  • ズーム:マウスホイール
ショートカットキー
  • 保存: Ctrl + S
  • 元に戻す: Ctrl + Z
  • やり直し: Ctrl + Shift + Z
  • ヘア・ヘアグループ削除: Ctrl + backspace、もしくはCtrl + Delete
  • 修復ブラシ: 髪型編集の「選択ツール」「ブラシツール」時に R を押している間
  • UV画面の拡大縮小: Ctrl + (+-)
  • UV画面の移動: Shift + 左ドラッグ、もしくはSpace + 左ドラッグ
  • ブラシサイズ変更: [ ]
  • ブラシ不透明度: Shift + [ ]

アバター編集

自分だけのオリジナルアバターを作る為にアバターの編集をします。

編集は4つのカテゴリーで行うことが出来ます。

  • 顔編集
  • 髪型編集
  • 体型編集
  • 衣装編集

顔編集

VRoid Studioの使い方

「顔編集」のタブをクリックして編集していきます。

「目」や「鼻」「口」の項目を選んで、右側のパラメータのスライダーで調節していきます。

 

顔の輪郭も細かく設定できるので、頬を上げたり顎に丸みを付けたり好みの顔になるようにスライダーで調整して下さい。

 

VRoid Studioの使い方

もっと細部までキャラメイキングしたい方は、左側デザインの横にある、「テクスチャ」の項目で細部まで作りこむことが出来ます。

瞳の色を変更したい場合は、「テクスチャ」→「瞳」→「レイヤー」の順にクリックして下さい。

レイヤーを表示させて瞳の色を塗り直したりできるので、操作に慣れてきたらチャレンジしてみて下さい。

髪型編集

VRoid Studioの使い方「髪型編集」のタブから編集できます。

顔の周りに網のようなものが表示されますが、これは「ガイドメッシュ」と呼ばれていて、ガイドメッシュに沿って髪を直接描いてメイキングしていきます。

VRoid Studioの最大の特徴として、髪を自分で描くことができるところです。

VRoid Studioの使い方

「ブラシツール」をクリックするとガイドメッシュに髪を描きこむことができます。

ガイドメッシュ以外の所には髪を描きこめないので注意して下さい。

VRoid Studioの使い方

ガイドメッシュの形を変えたい時は「選択ツール」をクリックして緑色の丸で調節します。

VRoid Studioの使い方

毛先を変えたい時等に「修正ツール」を使えば微調整できます。

大きく調整しようとすると形が崩れるので注意して下さい。

大きく形が崩れてしまった場合は「ctr+z」で一つ前の状態に戻せます。

VRoid Studioの使い方

画面右上にある「ミラーリング」をクリックすると、鼻を中心に逆側にも同時に髪を描くことができます。

VRoid Studioの使い方

髪の長さや曲がり具合を調整したい時は「制御点ツール」を使って調整できます。

「修正ツール」よりも「制御点ツール」のほうが細かい調整に向いています。

VRoid Studioの使い方

毛の書き込み量が多い後ろ髪等は、「プロシージャル」を使えばガイドメッシュに手軽に髪の毛を追加することが出来ます。

「選択ツール」→「プロシージャルヘアを追加」で使用できるようになります。

追加されたプロシージャルヘアの位置や長さ等は右側のパラメータで調整して下さい。

体型編集

VRoid Studioの使い方

身長を変えたり手や足の大きさを調整できます。

全身のパラメータを調整すればデフォルメキャラも作れます。

 

衣装編集

VRoid Studioの使い方

制服や靴を違う衣装に変更したり、アクセサリ等の装飾品を付けることができます。

 

画面右側で「衣装」の項目からアバターの衣装を変更できます。

  • 制服
  • ワンピース
  • パーカー
  • Tシャツ

上半身・下半身で衣装を選んで下さい。

衣装によって、袖の広がりやスカートの広がり等のパラメータを調節できます。

共通設定

VRoid Studioの使い方

髪や体にかかる光の強さや目の可動域の調整ができます。

撮影・エクスポート

作成したモデルのエクスポートや撮影が行えます。

撮影

喜怒哀楽の表現等の顔の表情を変えたり、ポーズを取らせることもでき、背景を用意した画像に差し替えたりもできます。

エクスポートとは?

今回作成したアバターのデータをVRMファイルとして出力します。

(今回作成したアバターのデータを保存します。)

撮影・エクスポートのタブから画面右の「エクスポート」をクリックして下さい。

 

今度は画面左側の「エクスポート」をクリック。

 

VRMの出力情報を入力します。

タイトルや作者名を入力して、アバターの人格に関する許諾の設定を行います。

入力が終わってOKを押すとVRMファイルが出力されます。

 

作成したモデルはVroid Hubにアップロードもできるので、完成したら他のユーザーの方にお披露目してみてはいかがでしょうか?

Vroid Hubを利用するにはpixivアカウントが必要になります。

Vroidの衣装やテクスチャの追加

Vroidの特徴としてユーザーの方が作成したテクスチャを使うことができるところで、pixivが提供するboothでテクスチャの販売や配布がされています。

3Dモデルの人気の同人グッズ10661点をおすすめ通販!イラスト作成からテクスチャ・アニメーションなどに使える素材を豊富にご - BOOTH
BOOTH(ブース)とは、pixivと連携した、創作物の総合マーケットです。無料で簡単にショップを作成でき、商品の保管・発送代行サービスも提供しています!

 

今回はbooth内でvroidプロジェクト(公式)が配布している衣装テクスチャWelcome School Uniform 2019(制服テクスチャ)を利用してテクスチャの変更方法を紹介します。

Welcome School Uniform 2019 - VRoidプロジェクト - BOOTH
VRoidからみなさんへ新しい制服のプレゼントです。 あなたの入学待ってます!

 

無料ダウンロードをクリックしてテクスチャファイルをダウンロードします。

 

「WelcomeSchoolUniform2019」のzipファイルがダウンロードされるので、解凍して中身を確認して下さい。

テクスチャファイルをダウンロードする際に、ファイルの中にread me(テキストファイル)が用意されているので目を通しておきましょう。

今回は制服のテクスチャを変更します。

 

衣装編集タブから画面右衣装の上半身「制服ベスト(半袖)」を選択して下さい。

 

画面左のテクスチャを選択してレイヤーを右クリックして「インポート」を選択。

 

インポートするテクスチャを選択します。

先ほどダウンロードしたファイルから制服(ベスト)のテクスチャを選択。

 

無事に衣装の着せ替え(テクスチャ変更)ができました。

 

boothで販売・配布されているテクスチャの変更方法は、販売・配布ページで紹介されていたりファイル内のread meに記載されているので確認して下さい。

まとめ

3Dキャラクターを作るのはとても苦労しますが、今回紹介したVroid Studioを使えばキャラメイキングの楽しさを学べると思います。

まだ使ったことがない方はこの機会に自分だけのキャラクターを作ってみて下さい。

Vroid Studio 公式サイト

VRoid
VRoidプロジェクトでは「3Dという新しい創作に挑戦することを、テクノロジーの力で応援する」をコンセプトに、3DCGアニメやゲーム、VR/ARプラットフォーム上で利用可能な3Dモデルを簡単に作成できる無料キャラメイカー「VRoid Studio」、3Dキャラの共有・公開プラットフォーム「VRoid Hub」、3Dキャ...

 

Vroid Studioで作成したアバターを動かすためのソフトを紹介します。

3tene

3teneの使い方【VRoid Hubでアバターの追加と放送設定】
バーチャルユーチューバー向けのPC版アプリ「3tene」の使い方について解説していきます。 ウェブカメラがあれば顔認識ができて、まばたきや顔の向きなどを3Dのキャラと連動させることができます。 3teneはWindows版とMacOS版があり、以下3つのソフトがあります。 3teneFree 3tenePro 3tenePro+Live2D 「3tenePro」と「3tenePro+Live2D」は有料となります。 今回は3teneFree版の使い方についてご紹介していきます。

 

Luppet

LuppetとLeap Motionを使ったVTuberになる方法
3Dのバーチャルアバターを動かすツールはいくつかありますが、今回はLuppetとLeap Motionを使ったVTuberになる方法や配信のやり方についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました